自分に合った真性包茎治療のクリニックの探し方と診療科目の選び方

性器に関わることというのは、なかなか人には言えないものです。
色々な不具合があっても、病院に行くのも億劫になります。
しかし、それが健康に関わるようなことになれば話は別です。
出来るだけ早い時期に病院に行って治療を行われることが望まれます。

このような場合の典型的なものに、男性のペニスの真性包茎の問題があります。
真性包茎とは、完全に包茎がペニスの亀頭の部分を覆い隠しているものです。
常に包皮が亀頭を覆っているために、中が不潔にもなりやすいですし、ひどい場合には包皮が締め付けることによって鬱血したりします。
出来るだけ早い時期に、クリニックを探し治療をすることが望まれます。

スタンダードな真性包茎の手術法

ここまでの上できたように、真性包茎というのは包茎のなかでも健康への影響が大きく、クリニックなどに行って手術を受けることが望まれます。
そのような際には、どのような手術方法があるかということについて知る必要があります。
ここでは真性包茎の手術の中でも、比較的安全で広く行われている方法についての紹介を行います。

まず挙げられるのが、最も簡単な手術方法である環状切開法です。
この方法は亀頭を覆っている表皮を裏返しで最も細くなっている部分まで包皮を切開するというものです。
手術方法としては、単に包皮を環状に切り取るというだけですから、手術方法としては比較的簡単なものとなります。
したがって、この方法は広く行われているのですが、問題点としては手術後の陰茎がそれまでは包皮に囲まれて色が薄い部分と陰茎の色が濃い部分になり、2段の色彩になってしまうということです。

この様なんなことを気にしなければ問題ないのですが、やはりデリケートな部分ですのでこの点を気にされる方もおられます。
そのようなことで、この方法の一つの改善策として亀頭下環状切開法あります。
この方法では、包皮を切り取る部分を亀頭の少し下にするというものです。
その手術でも亀頭は完全に露出していますので、性感などにも問題はありません。
手術方法の難易度も環状切開法とほぼ同じレベルとなります。

亀頭直下切開法について

先程述べた、環状切開法や亀頭下環状切開法という真性包茎の改善のための手術方法というものは、比較的安全で広く行われています。
ただ問題点としては、亀頭下環状切開法では幾分改善されますが、やはり陰茎の部分が二色になってしまうということが残ります。
この様なこと気にしない方であれば問題ないのでですが、やはりデリケートな部分であるだけにそのようなことが受け入れられないという方もおられます。

そのような際に行われる手術法として、亀頭直下切開法というものがあります。
この方法は、先程述べた二つの方法とは異なり、亀頭の下部に沿って包皮を切り取るというものです。
このようにすることによって、陰茎の部分が二色になるということを防ぐことができます。
その様な意味で、このようなことを気にされる方にとっては望ましい手術法という風に言えます。

しかし、亀頭直下の部分の包皮を残すということですので、手術のレベルは上がることになります。
先程述べた二つの方法では、環状に切り取るだけですので手術としては比較的簡単なものなのですが、この手術方法では亀頭下部に沿って切り取る必要がありますので高度な医療技術が必要となります。
そのような意味で、どのクリニックでも行えるという類のものではありません。

高度な技法を持つクリニックでの手術法

ここまで、人に言えないペニスの悩みとして挙げられてる真性包茎の治療方法についての話をしてきています。
環状切開法や亀頭下環状切開法は医学的に比較的簡単な手術ですので、多くのクリニックで行われています。
手術する部分が性感に最も関わる亀頭下部から離れたところですので、術後の心配もあまりありません。

ただ問題点として、陰茎が二色になるということはありますのでこのようなことを気にされる方は亀頭直下切開法の手術を受けられることになります。
この方法によれば、亀頭直下の部分の周囲に沿って包皮を切り取りますので、陰茎が二色となる問題は改善されます。
しかし亀頭直下切開法では亀頭周辺の部分に沿って包皮を切り取る必要がありますので、高度な切開技術が必要となってきます。

このような手術方法を行う際には、曲線的な形に精密に包皮を切り取る必要があります。
手術方法としては、複合曲線作図法という特殊な手法を用いる必要があります。
この方法は高度な方法ですので、どのクリニックでも行えるというものではありません。
高度な医療装置を備えたクリニックに行く必要があります。
したがって、もしこの方法での手術を望まれるのであれば適切な国に行くを探す必要があります。

まとめ

ここまで、肝心の部分ですのであまり人には知られたくないという、真性包茎の治療方法についての紹介を行ってきました。
環状切開法や亀頭下環状切開法は、比較的簡単な手術で行うことが可能ですので、この様な手術が行えるクリニックは多くあります。
しかし亀頭下環状切開法が必要とも感じる方は、複雑な形状に包皮の切開を行う必要がありますので、高度な医療設備を持つクリニック探しを行わなければなりません。
どのようなクリニックを利用するかということについては、それぞれの人が望まれることや、それに必要な医療技術や費用によって選択を行なう必要があります。

おススメHP
真性包茎を治そう!でもどこのクリニックが良いか悩んでいるなら!
真性包茎の治療におすすめのクリニックを比較しているこちらへ